歯が抜けた部分には……インプラント?入れ歯?ブリッジ?のページ。新居浜市の歯科・歯医者なら、かめがわ歯科

電話をかける

コラム

コラム COLUMN

歯が抜けた部分には……インプラント?入れ歯?ブリッジ?

みなさん、こんにちは。

新居浜市の歯科医院【かめがわ歯科】です。

 

もし、むし歯や歯周病、突然のケガなどで歯を失ってしまったら、早めに義歯で補いましょう。放っておくと、隙間があることで今ある歯が動き、歯並びが悪くなってほかの歯科疾患や全身疾患につながる可能性があるからです。

 

選択肢としては、主にインプラント入れ歯ブリッジがあります。今回はこの3つの治療法についてご説明します。

 

 

まるで自分の歯みたいなインプラント

インプラントとは、顎の骨に人工の歯根をしっかりと埋め込んで固定し、その上に白い素材でできた人工歯をかぶせる義歯のこと。ほかの歯の支えが不要で自立しているので、見た目も機能的にもまるで自分の歯のように使えます。入れ歯がズレて困っている方も、インプラントを検討してみてはいかがでしょうか。

自由診療なので、ほかの治療方法に比べて費用が高額になったり、外科手術が必要になり治療期間も長くかかったりすることはご注意ください。

 

 

手軽に使える入れ歯

歯がなくなってしまったときに、みなさんがすぐに思いつく治療が入れ歯ではないでしょうか。入れ歯は保険が適用でき、インプラントなどと比べると治療期間が短いので手軽に噛む機能を回復することができます

ただし、保険適用の入れ歯は金属製の留め具を使うので、口を開けると目立ってしまう可能性があります。気になる方は、留め具を使わずに快適に使えるノンクラスプデンチャーというのも自由診療で選べます。

 

 

自然な見た目のブリッジ

ブリッジとは、歯がなくなった部分の両隣にある歯を削り、土台にして人工歯を被せます。ちょうど橋をかけるように見えることから「ブリッジ」と呼ばれています。

 

保険適用の治療ができ、入れ歯のように金具の入れ歯が目立つことがありません。白い被せ物を選択すれば、見た目はかなり自然に仕上がります。しかし、健康な歯を削る必要があることや、土台の歯に負担がかかることなど、治療前にデメリットも知っておく必要があります。

 

歯を失った際の3つの治療法には、それぞれメリットとデメリットがあります。新居浜市の【かめがわ歯科】では、治療前にそれぞれの治療について詳しくご説明いたします。

また当院には、日本口腔インプラント学会所属の歯科医師が在籍しているので、お聞きになりたいことがあれば何でもご相談ください。